ヨツギーク Blog No.38 中国からのマスクの営業メールに注意

本日の東京は、昨日と一転していい天気。

天気の入れ替わりが激しくなってくると春が近づいている感じがしますね。

コロナウイルスの流行で、マスクの買い占め・転売問題が起こり、ついにマスク転売規制に政府が動きました。
それが、下記。

「国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令」

3月15日以降、購入価格を超える価格でマスクを転売することは禁止。

違反者への罰則は、1年以下の懲役か、100万円以下の罰金、またはその両方。

実際に法律施行日の前から、大手通販サイトでは違反者の摘発が行われ、全ての出店者に繰り返しマスクの出品に対する注意勧告メールが送られてきていました。

同じような法律を日本より早く施行した中国では、買い占めていた業者や個人達が中国国内で高額で販売できなくなり、在庫を抱えています。

また、関係のない業種の中小企業までがマスク生産に乗り出していて、大量にマスクが生産されています。

このような状態のため、マスク在庫を抱えた人や、マスクで一儲けしようという人達がマスクの輸出に躍起になっており、特に地理的に近い日本には熱視線が送られています。

私のところにも大量にマスクの営業メールが毎日のように中国からくるのですが、日に日にその価格が下落しています。

おそらく、生産過剰気味になっているのと、売り先が絞られてきているからなのでしょう。

安易に手を出して痛い目にあう人が減るように現在の価格を言っておくと、一般的な不織布のタイプでだいたい

0.2USD/1枚
※2020年3月15日時点
くらいでの営業メールが多いです。

これって平常時の10倍以上です。ただ、3月12日は0.48USD/1pcsくらいだったのでかなりの速度で下落しています。

たいがい、こういう怪しいものは品質も悪いものが多いので、本業で取り扱っていない方、副業転売みたいな方は手を出さないことを強くお勧めします。

日本に粗悪品を流通させないためにも、自分がババをひかないためにもこういうものには安易に手を出さないのが賢明かと思います。

読んでいただき、ありがとうございます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA