ヨツギーク Blog No.66 世界の製造業生産額でアジアが52%を占め、中国はダントツの1位

2018年の世界の製造業生産額の記事がありました。

Mapped: China’s Manufacturing Superpower vs. the World

アジアが世界の52%を占めたということです。

そう、つまり世界の製造業の半分以上がアジアで生産されているということになります。

さらに国毎では、下記のような感じでした。

1位. 中国 4兆ドル
2位. 米国 2.3兆ドル
3位. 日本 1兆ドル
4位. ドイツ 0.8兆ドル
5位. 韓国 0.45兆ドル
6位. インド 0.41兆ドル

中国が圧倒的な1位で圧巻です。

世界の工場と言われるのも頷けます。

意外だったのはアメリカが大きい事。
これは、中国で生産されているiPhoneとかを加算しているのかはわかりませんが、少し意外でした。

注目はインドですね。
韓国のすぐ後ろにまで迫っていますし、インドは国を挙げて製造業を支援しています。

なので、日本を追い抜くのもあと数年かもしれませんね。

読んでいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA