ヨツギーク Blog No.20 中国ビジネス虎の巻11 フラッシュメモリは基本的に中国本土から購入しないこと

電気製品を中国から輸入しようと考えている方に多いものシリーズ。
今回はフラッシュメモリ。

これに関しては、会社ブログで詳しく書いているので興味ある方は下記ブログ記事も読んでみてください。

SDカードの容量偽装、USBメモリーの容量偽装の詐欺に注意!!実質容量確認しましょう!

ちなみにこれも今までと同じ
・外見が同じなのに性能が違う

の代表商品。

これのたちが悪いのが、ファームウェアを書き換えて、パソコンやスマホなどのホスト機器が記憶容量を誤認識するようにされていること。

これって、32GBと機器が認識しているのに実際は4GBとかしかメモリ容量がないという悲惨なやつです。

このようなメモリを使用すると、書き込み途中で記録(データ)のロスト(消失)が起きます。

大切な写真の保存用にこのようなメモリを使ったお客様はどう思うでしょうか?

撮ったはずの写真が記録されていないのです。

もしくは大事なデータを保存したはずなのに、データがない、もしくは壊れていて開けない。
ということが起こります。

写真などの記録はかけがえのないものだったりします。

なので、容量偽装メモリを間違っても輸入して販売しないよう、取引には十分注意してください。

もし、あなたが正規ルートをとらずにアリババなどのインターネット取引で仕入れようとしている場合、かなりの高確率で容量偽装メモリを摑まされます。

また、中国の深センなどの巨大電子市場で直接買い付けなんてしようもんなら、ほぼ100%容量偽装メモリです。
さらに、中身は中古だったり、RAMが入れ替えられているものもあるでしょう。

フラッシュメモリは必ずそのブランドの正規代理店もしくは台湾メーカーであれば直接取引してくれるブランドもあるので、そのような正規ルートで仕入れをするようにしましょう。

くれぐれも中国大陸側から怪しいメモリを輸入することだけはやめましょう。

そもそも中国はまだ、フラッシュメモリを海外から輸入している側だったりするのですから。

読んでいただき、ありがとうございます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA