ヨツギーク Blog No.1 うなぎは頑丈だがデリケート

はじめまして。

ITや電子ガジェットなどが好きで、電子工作やコード書いたり、バスケが趣味の代継(よつぎ)と申します。

仕事は電子機器の設計・販売、配送シェアサービス ハコボを運営したりしています。

2020年、何か目標は決めましたか?
私はヨツギークBlogの毎日更新にチャレンジしてみます!

会社のブログも書いているのですが、そこに書く事とは違った日々の気づきなどをこちらのブログに書いていこうと考えています。

気になるFMというPodcast も配信しているので、よければ是非聞いてみてください!
※ iPhone → Podcast → 「気になるFM」と検索
登録すれば更新通知が自動で届いて便利なので是非!

荒川で釣ったうなぎを会社の事務所で飼っているのですが、全く餌を食べませんでした。
しかし、二ヶ月の完全絶食を経て遂に食べました!

ネットで調べると、うなぎは環境が変わると絶食をするデリケートな魚のようです。
とても体が丈夫なのにデリケートという、このギャップに驚きます。

餌を食べないうなぎは死ぬまで食べない頑固者もいるくらいらしく、特に天然うなぎでサイズが大きいほどその傾向は強いらしい。

うちのは70cm以上の大きめのうなぎなので、頑固者だろうとは予想していましたが、二ヶ月目が近づいてきたあたりから少し心配になり、ある施作を実施。

すると、急にうなぎの雰囲気が変わりました。

それは、噴水を作るモーターの投入

これを水槽(ホームセンターで買った衣装ケースですが)に横向きに水が噴射されるように入れたところ急にかわりました。

餌を入れると近づいてくるようになる→数日後ついに食べる

おそらく強めの流れができたことが、うなぎのストレス軽減にかなり寄与した模様。
(もちろん酸素供給のエアポンプは最初から入れていますが、これでは、水槽内に流れを作り出さない)

やはり人間と同じく、環境というのは大事なようです。

読んでいただき、ありがとうございます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA