ヨツギーク Blog No.63 工場卸価格は青マスクのほうが白マスクより安い

マスク不足でネット通販などでの販売価格が高騰してますね。

だいた50枚入りで3000円くらいでしょうか?

仕事上、マスクの工場や価格などの情報に多く触れる機会があるので、今の工場出し卸価格からすると、小売価格が高騰するのもわかるなーという感じです。

物流費も追い打ちをかけて高騰しているので、小売価格が3000円くらいになってしまうのでしょう。

ここで疑問なのが、なぜか青マスクのほうが白マスクより卸価格が20〜25%程度安いのです。

同じ3層構造など素材や構造は同じでも、色だけで価格が変わるのです。
ここは若干謎。

日本ではマスクといえば白という感じがしますが、なぜか中国では青マスクが多いです。

生産量で青マスクの方が多いからの量産効果が効いているのか?
理由はよくわかりませんが、現状、日本向けの白マスクは青マスクより割高で取引がされております。

読んでいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA