ヨツギーク Blog No.26 マスクが供給過剰になるのは時間の問題

マスクの買い占め問題がいまだに収まっておらず、店頭にはマスクがない状態です。

ですが、おそらくこの1〜2週間ほどで一気にマスク不足が解消し、逆に余剰になるのではないかと思います。

理由としては、あれだけマスクを買いあさっていたはずの中国側から
・マスクや衛生用品の販売の営業が頻繁に来るようになった
・マスクの製造機器の営業までくるようになった
・中国の異業種の超大企業がマスク生産を開始している

例: 中国石油(ペトロチャイナ)、
フォックスコン(電子機器受託製造)、
格力(エアコン)、
BYD(自動車)、
吉利(自動車)、
五菱(自動車)、
OPPO(スマホ)

などが理由になります。

おそらく中国国内の供給が過剰になり、日本から中国への転売がなくなります。(現時点で激減しています)

そんな中で、国内メーカーは政府の指示もあり増産しているので、一気に店頭在庫が回復するものとみられます(日本製の高級マスクから)

花粉症の時期でもあるので、早く通常状態に戻って欲しいですね。

読んでいただき、ありがとうございます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA